これだけ!中国旅行に必要な持ち物リスト【中国居住歴6年の僕が解説】

 

この記事では、

  1. 中国の特殊事情(ネット規制、クレカ事情 etc.)
  2. 特殊事情を考慮した上で旅行に持っていくべきもの

この2点をメインに紹介します。

 

この記事を読んでほしい人

  • 中国旅行にいく予定の人
  • 初めてで何を持っていけばわからない人
  • 中国の特殊事情に精通していない人

このような方には参考になるので読んでみてください。

 

筆者の紹介

18年9月まで計6年間ほど中国で生活をしていました。中国各地にも出張・旅行をしていたので、中国には精通しており、体験談を踏まえて持っていくべき持ち物を紹介します。

中国の特殊事情

まずは他の旅行先国とは異なる中国の特殊事情を説明します。

  1. 非常に厳しいネット規制(Google、Yahoo、LINEなどは通常接続不可)
  2. 主要クレカが使えない場所が多い
  3. 空港の両替手数料は非常に高く、銀行での両替は非常に面倒
  4. ほとんどの場所で英語が通じない
  5. 安全意識の欠如
  6. PM2.5などの大気汚染
  7. 衛生面

 

非常に厳しいネット規制

中国では非常に厳しいネット規制がされており多くの国外サイトに接続できません。Google、LINE、Facebook、Twitterなど日本で普段利用しているあらゆるサイトが使えません。Yahooのホームページは開きますが、18年途中から検索はできなくなりました。つまり規制回避しないと検索すらままなりません!

対策としてはネット規制回避のできる回線(VPNなど)や百度などの中国産アプリを使う方法があります。詳しくは以下の持ち物チェックリストにて紹介します。また、ネットが使えない前提でオフラインでも情報が確認できるように準備しておくことも重要です。

 

主要クレカが使えない場所が多い

中国ではVISAなどの主要クレカが使えない場所もまだ多く、使えるのは大手ホテルや大手のショッピングチェーンなどに限ります。街頭にある飲食店や商店なんかではクレカは使えない場合がほとんどです。

対策としては銀聯カード<ユニオンペイ>を使うことや現金で支払いをすることです。銀聯カードについては日本国内で無料で作れます。以下の持ち物チェックリストにて紹介します。

 

空港の両替手数料が非常に高い、銀行での両替は非常に面倒

中国国内の空港での両替は手数料が高額なので利用するのはやめましょう。また中国の銀行での両替は非常に時間がかかり、中国語ができない人にとってはかなりの難易度になりますのでおすすめしません。

事前に日本で両替しておくか、クレジットカードでキャッシングすることをおすすめします。またプリペイドカードを使うという手もありますが、安心感はあるものの手数料が高いのが難点です。

 

ほとんどの場所で英語が通じない

基本的にあらゆる場所で英語が通じませんし、5つ星ホテルなど英語で話してくれる場所もありますが発音が非常に悪く、何を言っているのか聞き取れないことも多々あります。

対策としては、中国語の基本的な単語を覚えておくことをおすすめします。

 

こちらの記事で旅行で使える中国語をわかりやすく説明していますので参考にどうぞ(音声付きです)!

>>中国旅行・出張前に最低限覚えておきたい中国語表現と単語【シーン別まとめ】

 

安全意識の欠如

中国の交通事情は醜いです。交差点も車優先で交通事故も頻発していますのでご自身で安全に注意しておく必要があります。また中国への旅行は海外旅行保険も必須です。

なお、海外旅行保険を無料にするワザがあるので、以下の持ち物チェックリストで紹介します。

 

PM2.5などの大気汚染

ここ数年良くなってきているものの日によって空気が悪いこともあります。特に長江以北地域の冬は空気汚染が酷い傾向にあります。一方、広東省などの南方は比較的空気はキレイです。

 

こちらのウェブサイトで中国の空気汚染度がチェックできます。旅行前に汚染度チェックをおすすめします。

>>aqcn.org

 

衛生面

あらゆる面において日本ほど衛生的ではありません。お腹をこわすこともありますので下痢止めなどは持っていきましょう。



持ち物チェックリスト

中国に持って行くべき必須アイテム、あったら役に立つおすすめアイテム、中国に関わらず持っていく一般アイテムの3つにわけて紹介していきます。

必須アイテム 8つ

1 パスポート

ここは最低限ですね。事前に準備しておきましょう。有効期限も十分にあるか確認しておきましょう。

2 ビザ

15日以内であればビザは免除されます。16日以上であれば30日間の観光(L)ビザを取得しましょう。

3 現金

中国の空港での両替はレートが非常に悪く、銀行での両替も非常に面倒なので日本国内で事前に両替するか現地にてクレジットカードでの引き出しをおすすめします。

4 クレジットカード

おすすめは海外旅行保険付帯のクレジットカードです。発行無料のエポスカードが現時点で1番のおすすめです。

【エポスカード】高い海外旅行保険はクレジットカード付帯で無料にできる!

2018.12.21

5 銀聯カード<ユニオンペイ>

中国ではVISA、AMEXなどが利用できないお店も多いので銀聯のクレカを持っておけば安心です。

【体験談】中国旅行に銀聯カード<ユニオンペイ>を持っていくべき理由

2018.12.22

6 海外旅行保険

おすすめは上のクレジットカードで紹介したエポスカードです。通常保険会社で海外旅行保険を契約した場合それなりの費用がかかるのですが、クレジットカード付帯のものは無料で保険が付いていますのでおすすめです。記事はこちらからも入れます。

7 WiFi(ネット規制回避できる)

こちらの記事で規制回避できるWiFiを紹介しています。おすすめはチャイナDATAです。

【中国旅行の必須アイテム】VPN対応のおすすめWiFiレンタルはこれ!【6社徹底比較】

2018.12.19

8 アプリ

中国で使えるアプリ情報は以下の記事にて詳しく解説しております。

【オフライン&金盾対応】中国旅行で使えるおすすめアプリ9選【中国在住歴6年の筆者厳選】

2019.02.18

おすすめアイテム 5つ

1 モバイルバッテリー

WiFi持っていく場合は特に必要ですね。

2 ストッパ

ザリガニを食べた日には・・・

3 マスク

季節によっては空気はキレイなので先に汚染度を調べてみましょう。

4 ウェットティッシュ

僕は中国で高鉄や飛行機に乗るときテーブル、ハンドレストを清掃します。なんせベトベトしますからね。

5 耳栓

基本ガヤガヤしているのでゆっくりと休みたいときの必須アイテムです。

一般アイテム

衣類などは特に細かく説明はしませんが、以下リンクでは中国駐在時代に毎週のように出張に行く過程でできたノウハウを詰めこんでいます。パッキングの参考にどうぞ。

ミニマリストの海外旅行持ち物40点リスト【8月香港1週間旅編】

まとめ

初めて中国に行かれる方などは特に心配なことが多いと思いますが、上で紹介した内容を参考に準備をすれば基本的には問題はないでしょう。

 

また、下は中国旅行に役立つ記事になります。合わせてどうぞ。

おすすめ記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です