【はじめてのLCCガイド】格安で予約する方法・利用の注意点などわかりやすく解説

 

この記事では、LCCの特徴から、格安で予約する方法、利用時の注意点などを網羅した内容でわかりやすく解説しています。

 

  • はじめてLCCを使う人
  • お得にLCCを利用したい人
  • LCC利用で損をしたくない人

 

このような方は必見です!

 

記事の構成は以下の通りです。

LCCとは?

LCCとはLow Cost Carrierの略で、日本語で格安航空会社とも言います。一方、JALやANAなどの通常の航空会社のことをFull Service Carrier(以下FSC)と呼びます。

LCC最大の特徴は名前からもわかるように料金が格安だということです。

 

それ以外にもFSCに比較していくつかの特徴がありますので以下にまとめました。

主な特徴

FCSと比べて特徴的なのは以下の点です。

  • 席が狭い
  • 搭乗率が高い
  • 短距離路線が中心
  • 深夜・早朝便が多い
  • 機内販売をずっとやっている
  • 預け荷物に追加料金がかかる
  • 機内サービスに追加料金がかかる
  • 大都市の場合、サブ空港がメインで使われる

 

これらの特徴をみてわかるのは、LCCの特徴は全てコストダウンに関わるということです。LCCを上手に使うにはこれらの特徴を意識し、なるべく追加コストを発生させないことが重要です。

 

主なLCCと海外就航先

日本発着の主なLCCと海外就航先を一覧にしました。アジア各地に格安で行ける時代になりました。これを利用しない手はないでしょう。

航空会社日本発着空港就航先
ピーチ新千歳台北(桃園)
仙台台北(桃園)
羽田ソウル(仁川)、 台北(桃園)、上海(浦東)
関西ソウル(仁川)、釜山、香港、 台北(桃園)、高雄、上海(浦東)
那覇ソウル(仁川)、 台北(桃園)、高雄、バンコク(スワンナプーム)
バニラエアー成田台北(桃園)、高雄、香港
関空台北(桃園)
福岡台北(桃園)
タイガーエアー台湾旭川台北(桃園)
函館台北(桃園)
花巻台北(桃園)
仙台台北(桃園)
茨城台北(桃園)
成田台北(桃園)、高雄
羽田台北(桃園)
小松台北(桃園)
中部台北(桃園)、高雄
関西台北(桃園)、高雄
岡山台北(桃園)
福岡台北(桃園)、高雄
佐賀台北(桃園)
沖縄台北(桃園)
チェジュ航空 新千歳ソウル(仁川)
成田ソウル(仁川)、釜山、大邱
羽田ソウル(仁川)、釜山
中部ソウル(仁川)
関西 ソウル(仁川・金浦)、釜山、務安、清州、グアム
福岡 ソウル(仁川)、釜山
鹿児島 ソウル(仁川)、大邱
那覇 ソウル(仁川)、釜山
エアプサン新千歳釜山、大邱
成田釜山、大邱
中部釜山
関西釜山、大邱
福岡釜山、大邱
イースター航空新千歳ソウル(仁川)
茨城
成田
関西
福岡
宮崎
鹿児島
那覇
ティーウェイ航空新千歳ソウル(仁川)
成田ソウル(仁川)、大邱、済州
中部ソウル(仁川)
関西ソウル(仁川)、大邱、済州、釜山
北九州 務安
福岡ソウル(仁川)、大邱
大分ソウル(仁川)、務安、釜山
佐賀ソウル(仁川)、大邱、釜山
熊本ソウル(仁川)、大邱
沖縄ソウル(仁川)、大邱
セブパシフィック成田マニラ、セブ
中部マニラ
関西マニラ
福岡マニラ
香港エクスプレス成田香港
羽田
中部
関西
高松
広島
福岡
長崎
熊本
鹿児島
石垣
スプリングジャパン(春秋航空日本) 成田 ハルビン、天津、武漢、重慶
スプリング(春秋航空)新千歳上海(浦東)
茨城上海(浦東)
羽田上海(浦東)
中部上海(浦東)、寧波
関西大連、天津、西安、洛陽、揚州、武漢、重慶、上海(浦東)、 広州
高松上海(浦東)
佐賀上海(浦東)
スクート新千歳台北(桃園)、シンガポール
成田台北(桃園)、バンコク(ドンムアン)
関西高雄、バンコク(ドンムアン)、シンガポール、ホノルル-19年5月末運休
エアアジアX新千歳クアラルンプール
羽田クアラルンプール
関西クアラルンプール、ホノルル
福岡クアラルンプール -19年3月1日より
エアアジア・ジャパン中部台湾(桃園)-19年2月1日より
タイ・エアアジアX新千歳バンコク(ドンムアン)
成田
中部
関西
ジェットスター成田ケアンズ、ゴールドコースト
関西ケアンズ
ジェットスター・ジャパン成田台北(桃園)、香港、上海(浦東)、マニラ
中部台北(桃園)、マニラ
関西台北(桃園)、香港、マニラ
ジェットスター・アジア関西クラーク
那覇シンガポール
ジェットスター・パシフィック関西ハノイ

 

世界最高峰のLCC

航空サービス評価会社のSkytraxより2018年のLCCトップ10が発表されています。

航空会社選びの参考にしてみてください。

 

World’s Best Low-Cost Airlines 2018

1→5

  • AirAsia
  • Norwegian
  • EasyJet
  • Jetstar Airways
  • AirAsia X

6→10

  • WestJet
  • IndiGo
  • Southwest Airlines
  • Eurowings
  • Scoot



チケット予約方法と注意点8つ

次にチケットの予約方法と注意点について解説をしていきます。

 

格安で購入する方法

以下の流れで予約すると確実に格安で予約することが可能です。

ステップ1:Skyscannerで価格比較を行う

ステップ2:Surpriceのクーポン利用価格と比較

ステップ3:航空会社のページ&Twitterでセールを確認

ステップ4:最安値で予約

 

詳しくは「本当の最安値で航空券を買う方法」で解説をしましたので合わせて参考にしてみてください。様々なノウハウを紹介しているので、きっと役に立つはずです。

 

また、マイルについては各社独自の取り組みをしている場合もあります。ただし、FSCに比べると圧倒的に充実していないので、僕自身の場合ポイント等無視してとにかく最安値のLCC会社を利用するようにしています。

 

予約時の注意点8つ

LCCはFSCとは異なり、様々なサービスに追加料金がかかったり、各社独自のルールがありますので、チケット購入の際は以下の点に注意をしましょう。

 

1. 予約は基本ネット予約となる

LCCは基本的にインターネットでの予約となります。また、支払いはクレジットカードになります。窓口での予約やカード以外の支払いもありますが、手数料が高くなるのであまりおすすめではありません。

 

2. セールは実施されていないか念のため確認

LCCでは頻繁に格安セールが実施されます。セール時に予約すれば更にお得にチケット予約ができます。チケットを探す際には合わせてセールの有無を確認しておきましょう。セール情報をキャッチする方法については上で紹介した記事で説明をしております。

 

3. 予約日をずらしてもっと安い日はないか念のため確認

これはLCCに限りませんが、航空チケットは日にちをずらすだけで大幅に価格が安くなる場合が多々あります。安いチケットを逃さないためにも前後1ヶ月分くらいは料金を確認しておきましょう。

 

4. 検索欄に表示される料金は最終料金ではない

チケットを探す際に表示される料金は最終料金ではありません。予約段階で表示される金額が最終になりますが、通常各種税が加わる関係で大幅に料金が上昇します。最終料金が幾らになるのかをしっかりと確認してから予約するようにしましょう。

 

5. 発着時間は深夜・早朝ではないか

LCCでは深夜・早朝便が多いのですが、それに合わせて前泊などすれば追加で費用がかかってしまうので、発着時間に問題がないかしっかりと確認をしましょう。

 

6. 座席・預け荷物サービスを適切に選択したか

ネットでのチケット予約時に通常座席の選択、預け荷物や機内食などの追加サービスの選択があります。各種サービス料金は高いので必要最低限に抑える工夫をしましょう。また、座席などは必ずどこかの席を選択しないといけない訳ではありません。席を選択するだけで料金が発生する場合があるので、そのような場合は選択をせず次のページに進みましょう。

 

7. 予約内容に誤りはないか

LCCはキャンセルや予約内容変更が出来なかったり、変更手数料が高額になる場合が多いので、予約後の変更が起こらぬように注意しましょう。

 

8. とにかく書いてあることをしっかりと読む

各社独自のルールであったり、細かい規定などがあり、それをしっかりと把握していなかったために搭乗時に追加料金を取られることも多々あります。損をしないようサイトに記載してある内容をしっかりと読込みましょう。

特に以下の3点についてはしっかりと把握しておきましょう。

  1. 料金体系
  2. 荷物規定(手荷物・預け荷物)
  3. チェックイン方法



 

搭乗時の注意点6つ

実際に搭乗するにあたっての注意点を解説します。

 

1. 荷物の重量・サイズは適切か

LCCにとって荷物は稼ぎどころでもあります。重量やサイズがオーバーすると追加料金を請求されるので事前にしっかりと確認しておきましょう。

また、機内持込荷物については一般的に7kg、50cm x 40cm x 25cm以内といった重量・サイズ規定があります。預け荷物は追加料金がかかるため、おすすめは機内持込可能なサイズのバックに荷物を入れて機内に持ち込むという方法です。そうすれば追加料金がかかることはありません。

LCC持込可能なバックパック10選」に各LCCの機内持込基準と持込可能なバックパックについて詳しくまとめましたので参考にしてみてください。

 

また、荷物を7kg以内にまとめる方法については以下の2つの記事に詳しく書きました。

 

2. チェックインはオンラインで

2019年現在ほとんどの航空会社でオンラインチェックインが可能です。当日スムーズに搭乗までできるようにぜひ活用してみてください。

 

3. ターミナル・チェックインカウンターの場所に注意

基本的にLCC各社のチェックインカウンターはターミナルの端にあったり、別ターミナルにあったりします。チェックインカウンターを探すのに余計に時間がかかる場合もあるので、早め早めの行動を心がけましょう。

成田空港の場合、LCCは第3ターミナル(T3)に集中しています。T3には鉄道駅が直結していなかったり、他のターミナルから離れているので、特に注意が必要です。

 

4. 時間厳守で行動

LCCは搭乗時間が厳格です。時間を過ぎれば搭乗できないので、早めにゲート周辺に行くようにしましょう。

 

5. 欠航・遅延を予め想定しておく

LCC利用時に注意しておきたいのは、欠航や遅延です。LCCは必要最小限の機体数で運営されていることもあり、欠航した場合すぐに振替便を手配できない場合があります。チケットを払い戻ししてもらい、他社の航空便を自身で手配するケースなども想定しておきましょう。

また、LCCでは過密スケジュールで運営されていることもあり、前のフライトが遅れていた場合、次のフライトにも影響が出ます。ですので、遅延についても予め想定して手配をしましょう。

 

6. 機内環境は自分自身で充実される

LCCでは飲食をはじめあらゆるサービスが有料です。またコストダウンのため機内環境がFSCに比べ劣ります。個別モニターなどもありません。そのため自分自身で機内環境を快適にする必要があります。詳しくは、「エコノミークラスで快適に過ごす方法とおすすめグッズ」にて機内での過ごし方と快適に過ごすためのおすすめグッズを紹介しています。



 

まとめ

以上がLCC利用のガイドになります。

また、この記事以外にも海外旅行に役立つ情報を記事を書いていますので、合わせてどうぞ。

 

ホテル関係

 

海外旅行ノウハウ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です