セキュリティポーチは必要?海外旅行での貴重品管理・持ち歩き方法まとめ

海外旅行貴重品管理・持ち歩き方法まとめ

 

この記事では、海外旅行で心配な貴重品の管理や持ち歩きの方法について紹介をします。海外ではスリや強盗などが多く、ヨーロッパなどの一見安全と思われる地域でも駅や人の多い観光地などではスリは多いので気をつける必要があります。私自身これまで海外で7年近く暮らしてきた経験があり、この経験も踏まえてこれから海外に旅行に行かれる方の参考になる情報を解説していきます。

また、記事の後半ではおすすめの貴重品入れを紹介しています。



海外旅行での貴重品管理の基本

地下鉄写真

まずは海外でどのような場所がスリに遭いやすいかなど知っておきたい基本情報を解説していきます。

知っておきたい危険なエリア

海外でスリや強盗のリスクに遭いやすい場所を以下にまとめました。

  • 駅・・・巨大ターミナル駅は要注意です。
  • 繁華街・・・特に観光客向けの繁華街は注意が必要です。
  • 人気観光地・・・都市中心部にあり人混みが激しい観光地は要注意です。
  • スラム・・・海外では所得階層による住み分けが激しくなっています。
  • 地下鉄・・・ドア近くは引ったくりが多いので特に注意が必要です。

 

必要最低限の貴重品しか持っていかない

楽しみにしていた海外旅行。おしゃれをして自慢のブランド品で着飾りたいという気持ちも最もなところです。ただ、目立つためにエリアによってはスリなどのターゲットになりかねません。バッグや時計、財布などはなるべくシンプルで目立ちにくいものを持っていきましょう。

また、持っていく物もなるべく少なくしましょう。現金やクレジットカードなどはなるべく少なくし、スマホ一台で多くの機能を集約して時計やカメラ、ミュージックプレーヤーなども置いていければ、リスクも少なくなるでしょう。

 

事前にカード等の緊急連絡先を記録しておく

万が一スリに遭ったり、貴重品を無くしてしまったことに備えて以下のことを事前に把握しておきましょう。

  • 現地日本大使館の連絡先
  • ホテルの連絡先
  • クレジットカード会社緊急連絡先
  • クレジットカード海外旅行保険対応連絡先
  • また、パスポートコピーも忘れずに!

 

貴重品を持ち歩く際の注意点

次に実際に外出時に貴重品を持ち歩く際の注意点について解説をしていきます。

必要最低限の貴重品・現金だけを持ち歩く

外出時には必要最低限の貴重品や現金、必要な物だけを持ち歩くように心がけ、それ以外の物は全て滞在先のホテルなどに置いておくようにしましょう。これだけでリスクを大幅に減らせることができ、また被害に遭った際も最小限に抑えることができます。

ホテルなどに置いておく際も、そのまま部屋のテーブルの上などに置いておかず必ずセーフティーボックスの中に入れて保管するように心がけましょう。

 

人前で貴重品を見せない

支払いなどの際には財布をカバンから取り出す動作はなるべく手短に行い、貴重品がどこにあるのか見られないように心がけましょう。また、財布を入れる場所には他の貴重品はなるべく入れずに、パスポートなどはシークレットポーチなどに入れて常に隠しておけば安心です。

なお、旅行時に注意が必要なのが、人前でセキュリティポーチやシークレットポーチから物を取り出すことです。貴重品がどこにあるのか教えているようなものなのでシークレットポーチなどから貴重品を取り出す際はトイレなど人から見られない場所で行いましょう。

 

貴重品を分散して保管する

貴重品は支払いなどのための財布・最低限の現金と肌身離さず持っておくパスポートなど分けて保管するようにしましょう。その日の買い物用の現金は最悪スられてもなんとかなりますが、パスポートやクレジットカードなどはせっかくの旅行が台無しになってしまいますので、シークレットポーチに入れて肌身離さず持っておきましょう。

 

貴重品の持ち歩きに便利なバッグなど

バックパック

最後に旅行時の貴重品保管に便利なバッグなどを紹介します。

シークレットポーチ

シークレットポーチは名前の通り貴重品を人目に晒さないことに特化したポーチです。Tシャツの下にポーチを身につけても外からわからない程に薄く、あまり多くのものを収納できません。そのためシークレットポーチには海外で絶対に失くしたくないパスポートやクレジットカードなどを入れて肌身離さず持ち歩きましょう。

そんなシークレットポーチですが、ランニングポーチを海外旅行用として利用するのがおすすめです。

理由としては、

  • 蒸れにくい
  • ズレにくい
  • 肌触りが良い
  • 汗を吸い取ってくれる

これらの理由から大変おすすめです。

セキュリティポーチ

セキュリティポーチはシークレットポーチに比べてカジュアルで、衣服の上に身に付けることもできます。ただこのようなポーチの場合、貴重品がどこにあるのか一目瞭然なので渡航先によっては注意が必要でしょう。

ショルダーバッグ

ショルダーバッグの良い点は人混みの多い場所などではバックを前掛けにしたり、ファスナーが複数あることで貴重品の入っている場所がわかりにくい点です。

ボディバッグ

ボディバッグはショルダーバッグに比べて一回り小さく、ウエストポーチとしても使えるものもあります。こちらの記事「海外旅行のサブバッグとして最適!おすすめのボディバッグ5選」でおすすめのボディバッグを5つ紹介しているので、是非参考にしてみてください。

まとめ

以上が海外旅行での貴重品管理・持ち歩き方法のまとめになります。ぜひ参考にして頂き安全な海外旅行をお楽しみください。

また、このサイトでは機内持込可能バックパックまとめ飛行機内で遊べるオフラインアプリまとめなど海外旅行に役立つ記事が他にもありますのでぜひ合わせて参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です