【中国昆山市】観光・出張におすすめのホテル5選【元駐在員が厳選】

いきなり上海蟹の写真をアップロードしておりますが、実はモズクガニ(上海蟹)の本場は昆山にある陽澄湖です。

ここでは昆山市内のおすすめのホテルを紹介します。

ホテル紹介の基準については下に記載しています。

出張者の方にも役立てて頂きたいので日本料理屋や日式飲み屋の集中した地域も合わせて紹介しておきます。

昆山の代表的な観光地は周荘水郷などの水郷であり、いずれの観光地も郊外に立地しており、市内に宿泊しながら郊外にバスで観光に行くというのが一般的なスタイルですので、ここで紹介するホテルは旅行者にも使えますのでぜひ参考にしてみてください。

交通ハブ・観光地の位置関係

まずは交通ハブと観光地の位置関係をざっくりと把握しておきましょう。

中国の地図を見るなら百度地図

Google Maps上の地図情報にはかなりの不足があるため、百度地図で位置を確認することをおすすめします。また、Googleの各サービスを始めYahoo、Youtube、Facebookなど海外のウェブサイトには中国国内からはアクセスできない状態なので、注意が必要です。中国ネット事情(VPN)に関する記事はこちら

百度地図へのリンクはこちらです。詳しい場所は百度地図で調べましょう。

昆山市位置関係

昆山へは高鉄でのアクセスが便利です。

上海方面から地下鉄で花桥镇まで行ってタクシーに乗り換えて市内に入るという方法もありますが、すごく時間が掛かる上、コストも高くなります。

昆山は地下鉄が走っていないので、昆山南から市内に予約したホテルへはタクシーで行きましょう。

おすすめホテル5選

ホテルおすすめの基準

僕がホテルをおすすめする基準は以下の通りです。

  • 市内中心地周辺
  • 価格が現実的(15,000円程度を限度に)
  • ホテル周辺に日本食など飲食店が充実している
  • 外国人でも安心して宿泊できる(日本人の宿泊も多い)
補足情報:ホテル予約サイトの簡単な説明

複数サイトの価格をおすすめでチェックできるのが特徴です。

まずは最安値価格を比較してみましょう。

検索条件をあまり細かく設定できないのが欠点。

世界最大のホテル予約サイトです。

欧米系のホテルに強いホテル予約サイトです。

Booking.comで5回予約またはBooking.comカード会員になるとGenius会員になれる。

会員になると会員限定のセールスホテルなどが紹介されお得にホテルに宿泊することができます。

おすすめです。

→Genius会員のメリットはこちらの記事で紹介しています。

東南アジアに強いホテル予約サイトです。

東南アジアではまずはAgodaを使って調べてみましょう。

中国のCtrip系列とあり中国に強いホテル予約サイトです。

中国国内ホテルの紹介案件数が多いのが特徴です。

中国国内航空券や鉄道チケットも購入可能です。

全体的に価格競争力があるのがExpediaです。

航空券+ホテルのセット予約に力を入れています。

まとめてお得に予約したい場合はこちらで確認してみましょう。



おすすめホテルの位置と日本料理店が集中する地点

ここから上の基準に基づいて紹介をしていきます。

以下ランキングでは参考として最安値水準の価格を示しておりますが2018年12月12日時点のものですので日にちによって変動があることご了承お願いします。

地図中ホテル名は赤で示しています。

下の地図は市内中心地周辺を示しています。

ランキング

  1. Swissotel Kunshan
  2. The Sovereign Hotel
  3. Courtyard By Marriott Kunshan Hotel
  4. Windsor Park Hotel Kunshan
  5. Kunshan Shuguang International Hotel

詳細は下へ

市内ホテル位置関係

1. Swissotel Kunshan(昆山瑞士大酒店)

昆山の中ではトップクラスのホテルです。

ロビーも大きく清潔感に溢れており、部屋自体も落ち着いている雰囲気でゆったりと過ごせます。

周辺環境も良く散策するのもおすすめです。

近くには日本料理店もありますが、密集地帯は少し離れているので、タクシーで移動する必要がありますので、そこが唯一残念な点です。

価格は10500円〜とこのクラスのホテルとしては破格です。

ホテル予約サイトでSwissotelをチェックする

2. The Sovereign Hotel(昆山君豪酒店)

部屋は清潔感があり安心して宿泊できます。

このホテルのメリットはすぐ裏手に日本料理店や各国のレストランが数店舗あり徒歩でも行けるので食事には困りません。

またすぐ近くには城市公園もあり散歩には最適です。

価格は約10,100円〜です。

ホテル予約サイトでThe Sovereignをチェックする

3. Courtyard By Marriott Kunshan Hotel(昆山万怡酒店)

ホテル自体は全く問題はありません。

市内から多少外れているため、日本食密集地帯に行く場合はタクシーで行く必要があります。

ただしホテル裏手には飲食店も多く日本料理屋もありますので食事にも不便はありません。

価格は11,500円〜となっており、周辺のホテルの中では高い部類です。

ホテル予約サイトでCourtyardをチェックする

4. Windsor Park Hotel Kunshan(裕元花园酒店)

Windsor Park Hotelは非常に人気が高く、予約が取れないこともあります。

室内、アメニティーも充実している割に価格は約9,500円〜と他の同レベルのホテルに比べると割安感があります。

飲食店が密集している昆山市青少年宮周辺には徒歩圏内です。

残念なのはホテル周辺にあまり飲食店やコンビニがないため、ホテル周辺で済ませたい人にとっては不便です。

ホテル予約サイトでWindsor Parkをチェックする

5. Kunshan Shuguang International Hotel(昆山曙光国际大酒店)

部屋は豪華という訳ではありませんが、清潔感があり宿泊する上で全く問題はありません。

価格は約7,500円〜でお得感があります。

周辺にあまり飲食店やコンビニがないため、少し歩く必要があります。

日本料理店も近場にはなく、1km以上離れているので我慢して歩くかタクシーでの移動になります。

ホテル予約サイトでKunshan Shuguang Internationalをチェックする



まとめ

参考になりましたでしょうか?

例年10月11月は上海蟹のシーズンなので、このシーズンにお越しになった際はぜひ食べてみてください。

蟹味噌、卵が癖になる美味しさです。

今回の紹介では出張の方にも参考にしてもらえるように日本料理店位置関係も踏まえてホテルを選定しました。

ただ日本料理抜きにしてもこの5選は昆山の中ではトップクラスなので日本料理をわざわざ食べなくてもいい方や旅行者にもおすすめです。

これ以外の昆山のホテルも見てみたい場合は以下のリンクからどうぞ!

昆山のその他のホテルをチェックしてみる

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です