【中国長沙市】観光向けおすすめのホテル5選【元駐在員が厳選】

 

このエントリーでは元中国駐在員の僕が長沙市のおすすめのホテルを紹介します。

僕は駐在員時代に4年間月2回のペースで長沙を訪れていたので、ホテル事情から周辺環境まで網羅しております。

 

長沙は毛沢東の出身地である湖南省の省都です。観光地市内中心地近くに固まっているため、サクッと1日2日で見てまわれます。湖南省といえば湖南料理です。日本ではあまり認知度はないのですが、中国では湖南料理は辛い料理として大変人気です。おすすめは「农家小炒肉と湯麺」です。めちゃくちゃ美味しいので湖南省に行った際は絶対に食べましょう!

ホテル紹介の基準については下に記載しています。

交通ハブ・開発区・観光地の位置関係

まずは交通ハブと観光地の位置関係をざっくりと把握しておきましょう。

中国の地図を見るなら百度地図

Google Maps上の地図情報にはかなりの不足があるため、百度地図で位置を確認することをおすすめします。また、Googleの各サービスを始めYahoo、Youtube、Facebookなど海外のウェブサイトには中国国内からはアクセスできない状態なので、注意が必要です。中国ネット事情(VPN)に関する記事はこちら

百度地図へのリンクはこちらです。下の地図と並行して見て頂くとよりわかりやすいと思います。

主要交通ハブ

長沙黄花国際空港

日本からは成田、関空から隔日ですが直行便があります。中国各地への便も多く、また空港から市内へのアクセスも大変便利です。リニアモーターで長沙南まで行き、そこで地下鉄に乗り換え市内に行くか、直接タクシーやバスでも市内へ移動できます。市内まで道が直線的に続いていますのでボッタクられる心配も少なく、初訪問でもタクシー移動はおすすめです。

 

長沙南駅

高速鉄道の玄関口です。広州方面や武漢方面からのアクセスは基本的にこちらの駅が玄関になるでしょう。市内へは地下鉄とタクシーがありますが、ここのタクシー乗り場は常に激しく混んでいますし、目的地によっては乗車拒否や相乗りさせられるなど中国屈指の質の悪さなので、中国語が話せない場合は地下鉄が無難です。場合によっては地下鉄の方が早く市内に入れます。

 

長沙駅

ザ・中国といった鉄道駅です。夜行列車や鈍行列車の発着駅となっており、人民バックを抱えたおじさん達がウロウロとしています。

 

主要観光地

この5つの観光地は距離的に近く、市内中心から湘江を挟んだ対岸(橘子洲公園は中洲に)あります。セットで観光するのがおすすめですが、非常に広いこともあるので、歩きやすい格好で訪れましょう。

 

こちらは市内中心地に位置します。歩行街は夜の食べ歩きがおすすめです。

 

おすすめホテル5選

ホテルおすすめ基準

僕がホテルをおすすめする基準を以下の通りです。

  • ホテルから公共交通機関までが近い
  • ホテル周辺に飲食店が充実している
  • 価格が現実的(15,000円程度を限度に)
  • 外国人でも安心して宿泊できる(日本人の宿泊も多い)
  • 上記の主要交通ハブ・主要観光地へ公共交通機関を使い容易にアクセスできる

 

補足情報:ホテル予約サイトの簡単な説明

複数サイトの価格をおすすめでチェックできるのが特徴です。まずは最安値価格を比較してみましょう。検索条件をあまり細かく設定できないのが欠点。

 

世界最大のホテル予約サイトです。欧米系のホテルに強いホテル予約サイトです。Booking.comで5回予約またはBooking.comカード会員になるとGenius会員になれる。会員になると会員限定のセールスホテルなどが紹介されお得にホテルに宿泊することができます。おすすめです。

→Genius会員のメリットはこちらの記事で紹介しています。

 

東南アジアに強いホテル予約サイトです。東南アジアではまずはAgodaを使って調べてみましょう。

 

中国のCtrip系列とあり中国に強いホテル予約サイトです。中国国内ホテルの紹介案件数が多いのが特徴です。中国国内航空券や鉄道チケットも購入可能です。

 

全体的に価格競争力があるのがExpediaです。航空券+ホテルのセット予約に力を入れています。まとめてお得に予約したい場合はこちらで確認してみましょう。



長沙宿泊の注意点

湖南省独自のルールか知りませんが、長沙のホテルでは歯ブラシ、歯磨き粉、ひげ剃りなどのアメニティーが有料です(全てではないかも知れませんが)。シャンプやタオル等は無料でした。有料でも10元くらいですが、あらかじめアメニティーは準備していきましょう。

 

ここから上の基準に基づいて紹介をしていきます。

以下ランキングでは参考として最安値水準の価格を示しておりますが2018年12月12日時点のものですので日にちによって変動があることご了承お願いします。

おすすめホテルの位置関係

地図中ホテル名は赤で示しています。下の地図は市内中心地周辺を示しています。

ランキング

  1. Grand Mercure Changsha
  2. Modena by Fraser Changsha
  3. Grand Hyatt Changsha
  4. Wanda Vista Changsha
  5. Wyndham Grand Plaza Royale Furongguo Changsha

詳細は下へ。

ホテル位置関係

 

1. Grand Mercure Changsha(长沙美爵酒店)

フランス系AccorHotelsが運営するホテルです。バンコクを始めとした東南アジアでは結構有名ですが、中国でも多数運営されていますので安心です。長沙のGrand Mercureはまさに市内の中心地点に位置するホテルです。幹線道路が交差する地点であり、その下を地下鉄1号線、2号線が交差しているので、あらゆる場所へのアクセスが抜群です。繁華街の中心に位置するので食事・ショッピングに困ることはありません。価格も他のホテルに比べて割安の約8,600円〜となっております。

ホテル予約サイトでチェックする

 

2. Modena by Fraser Changsha(长沙泊富名致服务公寓)

イギリス系のFraserが運営するサービスアパートメントホテルです。中国各地にModenaブランドで進出をしており中国駐在員時代はかなり身近なホテルでした。ホテル内は非常に清潔で部屋もアパートメントタイプではありますがもちろん旅行での宿泊にも問題なく使えます。周辺環境も充実しており食事等不便はありません。唯一の欠点は多少地下鉄駅までが1kmほどあり若干遠いことですが価格は約8,000円〜となっており、ホテルのクオリティー等を踏まえればとてもおすすめです。

ホテル予約サイトでチェックする

 

3. Grand Hyatt Changsha(长沙君悦酒店)

Grand Hyattについては特に説明はいらないくらい有名な高級ホテルです。長沙のGrand Hyattも他のホテルよりも高く、約18,000円〜となっているのですが、この価格で泊まれるのであればかなりお得です。アメニティーは抜群に良いですし、ホテルがリバーフロントで眺めも良く、黄興路歩行街までもすぐの距離であるため立地も長沙では間違いなく最高クラスです。少し奮発して宿泊してみるのはいかがでしょうか。

ホテル予約サイトでチェックする

 

4. Wanda Vista Changsha(长沙富力万达文华酒店)

大連万達グループが運営する高級ホテルです。中国各地の万逹グループのホテルに泊まりましたがそこそこの価格で高級感があるのでおすすめです。長沙のWanda Vistaはリバーフロントで眺めも良く、万逹広場(ショッピングモール)が隣接しているため大変便利です。市内中心部に位置し、どこに行くのも比較的便利です。価格は約14,200円〜。

ホテル予約サイトでチェックする

 

5. Wyndham Grand Plaza Royale Furongguo Changsha(长沙芙蓉国温德姆至尊豪廷大酒店)

アメリカ系のWyndham Worldwideが運営するホテルです。Ramada、Howard Johnsonなども同系列です。イメージとしてはミドル〜アッパーミドルクラスのホテルを中心に運営されています。地下鉄の駅、市内中心地まで約500mほどの距離にあり移動も便利です。価格は約13,600円〜とこのクラスにしては若干高い印象です。

ホテル予約サイトでチェックする

 



まとめ

参考になりましたでしょうか?長沙の場合交通ハブ、観光地が中心地から比較的近い距離にあり移動が便利です。中心地に宿泊すれば観光が大変楽になります。また、長沙の魅力は食にあります。湖南料理や麺料理もとても美味しいです。臭いが強烈な臭豆腐で有名な街でもあるのでぜひトライしてみてください。ちなみに、湖南省は美人が多いことでも有名です。出張で毎週のように湖南省に行きましたが確かに多い気がします(笑)

 

これ以外の長沙のホテルも見てみたい場合は以下のリンクからどうぞ!

長沙のその他のホテルをチェックする

 

関連記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です